2008年08月20日

大野病院判決に思う

福島県の大野病院にて、帝王切開の妊婦が死亡し、
担当医が逮捕された事件の判決が出た。


無罪。


医療界は今日の判決を首を長くして待っていただろう。

医療界だけではない。ひとりの母親としても、
このような形で刑事介入があったことはとても違和感があり、
こんな風に医師を有罪にしてはいけない、と強く思う。


亡くなった妊婦さんとそのご遺族には本当にお気の毒だ。
彼らにしても、何も医師を逮捕して欲しかった訳ではなく、
本当のことを知りたかっただけなのではないかと思う。

そういう意味で、病院側に不手際があったのは確かかもしれない。


しかしやはり、それは医師を有罪にすれば良いということではない筈。


私は切迫早産を経験している。
私の娘は、医学の発達により救われ、この世に生を受けることができた。
正直、医学に助けられなかったら、生まれて来られない命だったのでは、と思う。


しかし、医学はどんなに発達しても万能ではないのだ。
現代でもお産は命がけであることには変わりなく、
妊産婦死亡率も決してゼロになることはない。
赤ん坊は常に何事もなく無事に生まれるとは限らない。


専門家である産科医であっても、すべてを予測するのは不可能。


そこに刑事介入してくるのはやはりおかしいと思わざるを得ないのだ。



この事件をきっかけに、産科医療事故の原因究明が
適切に行われるようになることを願う。


逮捕された医師の人生も大きく狂ってしまった。
逮捕後に生まれた、自分の子どもを取り上げることも出来なかったとのこと。


この事件が、彼の人生、産科医の方々の人生にどう影響してくるのか。
そして日本の産科医療はどうなって行くのだろうか。


誰にとってもマイナスな結果にはなって欲しくないと願っている。
posted by nyoro at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105068537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。